FC2ブログ

谷間の姫百合

絶賛放置中。近況はtwitterにて。suzuran12です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の室蘭、あれから20年。

ご無沙汰しています。
アヤさん主催の
「北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2018」 https://adventar.org/calendars/3371
こちらへ参加するため、数年ぶりに筆をとりました。
表題にある通りのテーマですが、とても個人的な文章です。
あれ、違うよ? とか、もっと詳細に思い出せるぞ! とか、なんやかやありましたら、ぜひどこかに書いて頂ければと思います。思い出してもらうこと、また知ってもらうこと、それが今回のねらいなのでビンゴです。ぜひ、あのときの記憶を残しておいてくださいませ。
ごめんなさい、書き出してみたら予想以上に何にも覚えていませんでした。本当に申し訳ありません。
なので、「いやいやいくらなんでもこれはないでしょ、さすがにもうちょっと覚えてるわ」って方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ぜひに! その記憶をどこかに残しておいてください! やっぱり当時、まだインターネットも各家庭にあるものじゃなかったですし、アーカイブとしてあんまり残ってないと思うんです。今からでもいいので、残しておいてください。覚えているうちに。

おことわりお願い、終わり。


2018年12月5日。
あの、雪の室蘭の悲劇、1998年12月5日から、ちょうど20年です。
あの日室蘭にいた私は、当時のことを思い出してみようと思って、今回の企画にエントリーしました。

ところで「雪の室蘭」とは、コンサドーレ札幌サポーター界隈でたまに聞くフレーズかと思いますが、それが一体何なのかご存知でしょうか。
それは、1998年におこなわれた、「J1参入決定戦」。参考:Wikipedia
簡単にいうと、まだJ1・J2という呼び名がなくプロリーグは「Jリーグ」だけだった頃、「Jリーグのチームが増えすぎちゃったから、下部リーグをJ2として、Jリーグ下位と下部リーグ上位で戦って、次年度の新J1と新J2に振り分けよう」というトーナメント戦でした。
Jリーグの方は横浜フリューゲルスがチーム消滅のため、参入戦参加チームが一つ減り(京都パープルサンガがまぬがれた模様)、下部リーグでは参加条件を満たしていたのが川崎フロンターレのみだったため、参入戦参加は5チーム、ジェフユナイテッド千葉、コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡、川崎フロンターレが3枠を争うことになりました。
……って辺りはいいとして。
これ、Jリーグ側の対象チームは、98年度の下位チームじゃなかったところが、札幌的には腑に落ちないところでした。前年度97年の順位も含めてポイントがつけられたんです。97年はJFLだった札幌は当然その分は0ポイント。なんか、ワールドカップとかで代表出してたチームはそれも加算されてたらしいんですけどそれ今Wiki見て知ったわ。
要するに、98年だけの順位だったら、札幌は参入戦をまぬがれてたはずなんですよね。だけど、謎ルールで追いやられた。

まあそれでも、勝てばよかったんです勝てば。ホーム&アウェイで一つの相手につき2回戦ってたし、しかも一つ負けてももう1チームと戦ってそっちで勝てばよかった。
1回戦は、福岡vs川崎。勝ち進んだのは福岡。
2回戦、札幌の相手は神戸でした。……ホームとアウェイ、どっちも負けました。結果、3回戦こと「第3参入クラブ決定戦」(これに勝てば99年はJ1、負ければJ2というあとがない試合)に回ることに。
もうあとがない、という12月。12月2日、博多の森でのアビスパ福岡との対戦は、0-1で敗戦でした。神戸との戦いから数えて3連敗です。ほんっっっとにあとがありません。

最終ゲーム、12月5日。決戦の地は室蘭入江運動公園競技場。
もちろん当時札幌ドームなんてありませんから、12月に札幌で試合なんてできるはずもなく、室蘭開催だったんです。



さて、個人的な話をします。
当時私は、学生でした。コンサドーレ札幌の試合は、何度か見に行ったことがありました。というのも、両親が「サポーター」として、試合を見に行ってたので、それに連れられて……ということがほとんどでした。両親、雨の釧路とか行ってたよ。長子の私をはじめとして弟妹たちも含めて札幌に置いてって、そんでもって帰れなくなって子だけで留守番してましたね。
閑話休題。
この日、室蘭には家族を代表して(?)母と私で行きました。JRに乗って。ブルーグレーのお揃いのベンチコートを着て。(ブルーグレーってご存知です? コンサドーレのチームカラーのうちの一つです。ちゃんと公式にも書いてあるよ!)(検索してみたらヤフオクで画像が見られました。これこれ、なっつかしー!)
※後日、母が画像を送ってくれました。
201812081259232c0.jpg201812081259236cc.jpg


当時私自身は、とてもサポーターといえる立場じゃなかった。
親がわりと熱狂的に応援しているチームだった。
連れられてスタジアムに行ったことも何度もあったけど、それだけだった。
同い年の若い選手が頑張ってるのは知ってた。それだけだった。
メガホン叩いたり、コールや応援歌もちょっとは知ってた。それだけだった。

この日、乗った電車が遅いものだったんでしょう。記憶はおぼろげなんですが、到着したときにはすでに席(席? ゴール裏は芝生だね?)がいっぱいでした。駅からてくてく歩いて、アウェイゴール裏側(たぶん)からバックスタンドを席を探して歩いて、結局ホームゴール裏(たぶん)の後ろの方で見ていたような記憶があります。

あの、実は、ほんっっっとに覚えていないんです。

ただひたすら白かったことと、寒かったことと、そこにたたずむブルーグレーのベンチコートと。
無言の帰りのJR。
正直言えば、これだけなんです。
3失点無得点。有無を言わさぬ敗戦。紛れもない完敗。1年だけのJリーグ。
のちのち、いろいろな場面であの雪の室蘭が取り上げられて、当時の映像を見かけることもありました。けれど、その日、自分が見た景色の記憶が、ほんとうに、無い。覚えてない。間違いなく、そこにはいたのに。
ほかにも覚えていることがあったはずなのに、今は思い出せません。
ただ。
ただ、とにかく放心してしまって、何にも考えられなかった記憶はあります。


いやほんと、私、98年当時は別にサッカー好きでもなんでもなかったんですよ。ワールドカップだって見てなかった。ニュースぐらいしか見てなかったんだ!
だからそのあと、岡ちゃんこと岡田監督が札幌に来ることになって「は?」「え?」ちょっと意味がわからなかったですね。しかし転機はシンデレラボーイでした、はい。自分と同い年の若手、吉原宏太選手の活躍に、一気に沼りました。(沼とは)さらに翌年の00年からゴール裏に通うようになって(コータは移籍しちゃってたけど)、快進撃にとどめをさされて01年にはシーチケ購入、そして絶望に落とされそうになってた02年からCVSを始めるに至りました。
そこから現在に至るまでは長すぎるので割愛。
というか、20年ですよ20年。あの雪の室蘭から20年。そりゃ長いよ。覚えてないのはアレだ、年を取ったからですな!
あの頃学生だった私も、今や二児の母。目を離せない子ども達ゆえ、スタジアムには年に片手で数えるほどしか行けていない、貢献度からいえばだめだめなサポーター(自称)です。


なすすべもなく、Jリーグ初のJ2降格となった、あの時から20年。
これほど悲しいことも無いと思ったものですが、いやー、悲しいこと、めっちゃたくさんありましたよね……。
サポーターに古参も新参もないと思ってますけど、昔から応援している人ほど、悲しい場面はたくさん見てきましたよね。同時に、うれしい場面もよりたくさん見てきたはずで。
どうですか、今年の躍進、J1リーグ4位!!!!!
言いたいこともいっぱいあるでしょうし、いっぱいあった方がもちろんいいんですけど、とにもかくにも、こんな未来が待っていたんです。チーム創設から23年目のリーグ(合ってる?)、クラブ史上最高順位。

長かったね。
でも、きっと未来はもっと長いんだ!!

シーズンオフ。たまには過去を振り返って、そして今度は、未来を夢見ようと思います。


お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

CVS夏の交流会

CVS夏の交流会、宮の沢白い恋人サッカー場に行ってきました。
今年初の試みで、みんなでサッカーしましょうご家族ご友人もどうぞ! という企画だったので、これならうちの旦那もCVSフットサルでお世話になってるしちみっこ達連れていっても平気かな? と家族みんなで参加させていただきました。
しかし午前中諸事情あり、急いで向かったんですが到着したのは会も終わりごろ…。それでも見知ったCVSの皆さんにお声がけいただき、到着してからはいいお天気だったこともあって楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!

ちょうど今日の試合のメンバー外選手達も練習していたようで、遊びサッカーに混じってくれていました。
ラスト1試合、ハーフコートでプレーした旦那曰く「雨でめっちゃ滑るしそもそもこっちは普通のスニーカー、スパイク履いてる選手を止められる訳がない」、だそうでございますw


ちみっこ達は、ピッチのはしっこに降りさせてもらって、遊ばせてもらいました。

ちみっこその1。駆け回ってました。


ちみっこその2。こっちはまだ歩けないので…。



今年、一度も担務していないのに、ぜいたくな時間でした。じゅ、11月の讃岐戦あたり、できたらいいな……。
あ、あと、うちのばば様は本日町内会の運動会手伝いのため欠席でした。今はばば様の方がCVSのみなさんとのお付き合い楽しんでるっぽいからなー。よいことです。本当にいつも御世話になっております。


ところでわたくし、ほぼすっぴんメイクだったことに夜になってから気がつきましたわ! あああああなんてこったい\(^o^)/


以下、追記に近況など。

あったらいいな、こんなベビーグッズ

子連れネタ書いているときにちょっと入れようと思ってたのにすっかり忘れてたグッズネタ。
今発売されてるグッズってちょっとどうなのよ! と2年前から思ってたので、せっかくだからこっちも書いてみる。

子連れ観戦のメリットを考えてみた

※とりとめもなく綴るので、時間と耐性のある方だけどうぞ。


先のエントリ「ちびっこ連れでのスタジアム観戦情報まとめてみたよ!」では、子連れ観戦情報を私の知る限り書き綴ってみました。
ちびっこ連れ観戦を応援するつもりで書いたのです。

しかしまあ、そっちにも書いたんですけど正直子連れでの参戦は辛い。つらいっす。なんでそこまでして行かなきゃならんの? って、おそらく旦那は思ってるんじゃないかと思います。(私に気を遣ってくれてるのかそんなふうには言わないけど)(ある意味ノロケかこれ)(そんなことはどうでもいい)

じゃあ、なんで行きたいのかって聞かれたら。私にとって、子連れでスタジアムに行く理由はなんだろう。
とりあえず私にとっては、まず試合が行われているその場に居ることが、とっても重要な気がしています。
それまでスタジアムホームほぼ皆勤(しかも大体130キロくらいの距離を高速で走ってきてからの参戦)、年に一度はアウェイにも行ってみる、そんな(半ばちょっと狂ってるような)生活をしていたところに妊娠出産で行けなくなり。スタジアムから遠ざかってる間に昇格しちゃったときの、疎外感ったらなかった。みんなで一つになろう!ってときに、なんにも参加できなかった。なんだ私の力なんて要らないじゃん。極論だけどやっぱりさみしかった。
さみしいから、できるだけ現地に居たい。けど、赤子がいる。難しい。実母は「預かるよー」と言ってくれるから環境としてはすごくありがたいのだけれど、彼女だってシーズンシート持ちなんだよ。たまにはいいかもしれないけれど、いつも甘えるなんて一人の親としてそれはどうなのさ。

だったら、連れていけばいいじゃん! 育児と観戦を両立すりゃいいじゃん!


………このように、自分の趣味に子どもを連れ回すという、眉をひそめたくなるような親が誕生するのですね。

しかしそれでは心苦しいので、ここで自分を擁護するために子連れ観戦のメリットを無理やり考えてみたいと思います。ええ、自分のためです。



それは────次世代育成。
おやどっかで聞いたような言葉です。松山光プロジェクトですか?
選手を育成していくっていう方針、たいへん素晴らしいですね!
さて、我々サポーターはどうでしょうか。ええそうです、やっぱり高齢化です
いやイメージで語ってはいけないと思い、Jリーグ公式サイトを見てきました。

観戦者調査 サマリーレポート2013(PDFファイル注意)

時間が無いので関係するところだけ。
16ページ目に、Jリーグ全体の観戦者平均年齢が。39.5歳。前年より0.5歳上がってます。
んで、17ページ目。クラブ別の平均年齢、年齢分布が。札幌平均年齢45.8歳。「平均年齢、札幌変わらず最も高く」なんて解説までついてる。
コンサドーレ札幌観戦者平均年齢45.8歳。
あまりの迫力にくらくらします。
あれ、コンサドーレって育成世代がんばってるんじゃなかったっけ? サポーターもそれを誇りにしてるんじゃなかったけ? うん、それで、私たちサポーターの次世代育成は、どうなの? ねえどうなの?!


ほんとにどうなん? と、改めて首をひねっております。ちょっと考えてみる。
今年、月曜開催が登場しましたね。ノノさん言ってたんじゃなかったでしたっけ、土日に試合を組まれているサッカー少年、小中高生に来てほしいって。まさにこれこれ。ごく若い世代をスタジアムへ呼び込む一つの手段ですよね。

以前から、小中学生をスタジアムへいざなう企画として、夢プランファミリーゾーンが設定されています。

2014シーズン、コンサドーレ札幌が主催するすべての試合を対象に、小中学生以下のお子様連れファミリーにお楽しみいただける、夢プランファミリーゾーンを設定しております。
このゾーンはご家族でプロサッカーを生で感じとってもらおうと、スポンサー各社の皆様にご協賛頂き実現した小中学生を無料でご招待するファミリー優先ゾーンです。
特別な申込みは必要ありません。試合当日スタジアムで専用受付にお越しいただくだけでOK!
お子様を連れてご来場の際はぜひご利用ください。


超ありがたい。夢プランに賛同してスポンサー料出してくださるスポンサー様超ありがたい。超たすかる。

また、今季から大きく変更のあったクラブコンサドーレには、小中学生限定の「コンサレッド・キッズ会員」という設定があります。
上記夢プランゾーンは無料ですが、観戦場所は限られています。クラブコンサドーレのキッズ会員は年間3000円で、会員特典のほか自由席ならどのゾーンでも全試合観戦OK! とのことです。

札幌市内の小学校には招待券が配られたりもあるのかな?
最初は招待券や夢プランで、興味をもったらぜひクラブコンサドーレに入会してもらっていろんな場所から試合を見て。
そんな流れができたら素敵ですよね。

小中学生向けにはこのような企画が行われています。
高校生、大学生向けには「学生自由席」かな。当日購入で自由席1000円。

では、もっともっと若い、小学校に上がる前の、赤ちゃんから幼稚園保育園児向けの企画は?
はい、ありません。ないんです。厚別のキッズエリア設置にめっちゃ喜んだのも記憶に新しい。
そもそも乳幼児は入場料かからないので、集客という観点では全く意に介されていないっぽいです。むしろ観戦には邪魔だと思われてるサポーターもいらっしゃるかもしれません。


実際のところ……小学校への招待券っていうのも、子どもを連れてくる親御さんの入場料やその他スタジアムに落としてくれるお金目当て的なところはありますよね?
お子さんと一緒に観戦して、親御さんも観戦にハマってくれたらなおのことよし! という感じで。
ところが座席でじっとしていられない乳幼児の場合、一見さんが試合にハマってくれる可能性が低い。そもそも子どもの世話で試合見てらんない。乳幼児連れでのレジャーとしては、とても成立しにくいと思われます。
あと結婚して子育て始めたばかりの家庭って、「育児ってこんなにお金かかるんか!」とガクブルしてたりするんで財布の紐も固いような気がする。うちだけ?
そんなこともあって、集客ターゲットとしては弱いのかなあ、なんて推測しています。


でもね、家族が増えても、スタジアムに来てね、来ても大丈夫だよ、って環境を整えること。
それって、実は長い目でみたら結構大切なことなんじゃないか、と思えませんか?
スタジアムに子どもを連れてっても大丈夫、となれば、サポーター両親から、次世代のエリートサポーターが育成されるかもしれないじゃないですか!

ものすっごく回りくどくなってます。やっと、子連れ観戦のメリットっぽくなってきたよ!
そう、ごくちっちゃいうちからスタジアムに慣れさせることによって、自然とスタジアム観戦が生活の一部となり、応援歌を覚え、手拍子をし、気付けばサポーター化してるっていう未来を描くことが、子連れ観戦の醍醐味なんじゃ! たぶん!
しかしさじ加減を間違えるとアンチにもなりかねないという諸刃の剣でもあります。負けると家庭が暗くなるとかで嫌気がさしてきちゃったり。その辺はほどほどで。


それにね、私の経験からいうと。
育児で家に閉じこもっていたり、今までできていたこと(例えばスタジアムでのゴール裏応援とか、コンサート通いとか、単純にショッピングとかカフェでお茶とかそういうの)ができる時間がなかったり、そんな状況だと本当に息が詰まるんです。そもそも自分の時間が本当になくなるから。今わたしもこうやってだらだら書いているのも、子どもが寝付いた夜中。それ以外はパソコンに向かえる時間がほっとんど見当たらない。(うまくやればできるのかもしれないけど私には難しいです。)
そういう生活をしている中で、スタジアム観戦っていう「非日常」は、気分転換になります。前エントリにもあるように準備はいろいろ大変だけれど、それでも日々のストレスを溜めるよりずっといい。
それが家族一緒に楽しめるようになったら、とても素敵でうれしいことになるだろうと思っています。そんな日を夢見ています。


さらに蛇足ですが。
旦那さんがサポーターで、奥さんがそうでない場合。
お子さんを奥さんに預けて、スタジアムで応援するのもいいと思います。あまり行きたがらない方を無理やり連れていってもなかなか楽しめないでしょうし。
でも、そのぶん。奥さんにも、ひとりで楽しめる時間を作ってあげてほしいなあと思います。
ほんとにね、1時間でも、30分でも。何もかも忘れて、自分のことに没頭できる時間があったら、それだけで幸せになれるんです。リフレッシュして、またお子さんとの時間を楽しめるようになりますから。
そして、お天気や対戦相手などを見て、ちょっとゆっくり安心して見られるかも、という試合があったら、ぜひ家族みんなでスタジアムに行ってみてほしいです。そのときは、試合展開をじっくり眺めていられないでしょうけど。今は、ちょっと我慢して。
お子さんが、スタジアム観戦が結構楽しいと感じられるようになったら。ほら、将来のエリートサポーターの第一歩!


んでね、定年になったらね、退職金でゴールドシートとかで悠々と観戦するの。自分の子ども達はゴール裏とかでね。
それから時が流れて、孫ができたりしてね。ついに三世代観戦になるの。

どうでしょう、夢がありませんか?




ふう。
そんなこんなで、私は自分の趣味に走る時間を「いやいやこれはエリートサポ育成のための種まきなの! 超重要任務遂行中なの!」という言い訳をして、今年もなんとかスタジアムに行ける試合はないかなー、と日程を眺めるのでありました。
今年はドーム開催多いからね! 例年になく恵まれてるわっ。
がんばろっと。

ちびっこ連れでのスタジアム観戦情報まとめてみたよ!

2011年12月3日、札幌ドームがJ1昇格への歓喜に湧いたその2週間後に、我が家に第一子となる長女が誕生しました。

それまでホームゴール裏ほぼ皆勤、というくらいスタジアムに通っていた私。
いっつもテレビ観戦なんてつまんないよー、たまにはスタジアム行きたいよ!! とうずうずするのでいろいろ調べました。しかし、ネットでわかることもあれば、よくわからず不安なことも。

今回機会をいただいたので、「子連れ観戦怖くないよ!」「家族が増えてもスタジアムに行ける!」という思いを少しでも後押しできればと、私の体験から子連れ観戦ポイントをまとめてみたいと思います。


さしあたってこのエントリでは、札幌ドーム、厚別の2つのスタジアムの情報をまとめます。
※私の知る限りで。しかも情報は古い可能性が大いに有り得ますので、参考程度に眺めていただければと思います。

その他、子連れ観戦等について私がぼけっと思っていることは、別エントリで。お暇な方はどうぞ。


<はじめに>

私の経験上、0~1歳児を連れての観戦を想定しています。2歳以上にはあてはまらないこともありますのでご了承ください。
授乳・食事、トイレ・オムツ替え、ベビーカー等の交通アクセスについてわかる範囲で紹介します。
ドーム、厚別に分けてまとめますが、共通して「天気が良くて、そんなに混まないだろう試合」を最初の観戦に選んだ方がよいといえると思います。最初は、まったりと、ね。

それと、最初に以下のサイトをぜひご覧くださいませ。

札幌ドーム公式・お子さま連れのお客さまに
厚別公園競技場 - 札幌市公園緑化協会
さっぽろ授乳スペースエリアガイド ←こちら、観戦に関係なく札幌近郊の子連れには超ありがたいサイト。


<札幌ドーム編>

上記、札幌ドーム公式サイトの記述を見れば大体わかるよ! 以上!
…では意味がないのですがー。
でも本当に、札幌ドームは赤ちゃん連れに超やさしいスタジアムだと思われます。何せ全天候型だよ。スタジアムにたどり着けさえすれば何も困ることないよ。これってものすごいことだよ。いやホント。
とりあえずこの公式ページに書いてあることを順に補足してみます。

・託児室
よく知りません。てか、30分500円なんて利用できるわけないない。2時間で2000円だよ! 庶民にはありえないよ!
すみません貧乏人にはわかりません。


・授乳室
これが素晴らしい。
まず、1階コンコース内の授乳室。大体、ホームSAの下あたりです。
手前がオムツ交換台、奥に授乳コーナー。公式サイトに写真もありますし、上記さっぽろ授乳スペースエリアガイドの該当項には、写真と図面もあるのでぜひご覧ください。わかりやすいよ。
私はそんなに混んでる時に出会ったことはありません。(選手のご家族と思われる方と隣で授乳してたことはありますw)
オムツ自販機は無料とありますが、本当に無料です。(メリーズMとL、確かテープタイプ)授乳中にがこんがこん大きな音がすると思ったら、どうやらオムツだけもらいに来てる人もいる…ようだ
給湯器も完備でミルクちゃんも安心。
図面を見ると、授乳コーナーに「テレビ」とあるんですが、確かにモニターがあるんです。大体電源切ってあるんだけど、私は一度だけ、試合中継が流れているのに出くわしたことがあります。スタジアムに居ながら試合をテレビで見るという不思議体験!

もう一つ、3階のベビーコーナー(後述)に1人分あります。大体誰か使ってる気がする。私は一度だけ空いているのを見た。(そして利用した)ここは椅子だけですね。


・おむつ替えシート
あっちこっちにあるので無問題。
車いすマークのある多目的トイレにはもれなくついています。多目的トイレ自体があちこちにあるので、慌てる必要全く無し。
なお、授乳室のオムツ台は試合終了後めっちゃ混みます。まあ当たり前っちゃ当たり前。


・幼児用トイレ
これもありがたいですよねー。たいていの1歳児にはまだ関係ないんだけど…
1階のメイン側コンコースのトイレに併設されてるようですね。ホーム側もアウェイ側も。べんり。


・ベビーキープ
これも多目的トイレについているので、オムツ替えついでに母も…というのが可能。ユニ着用とか化粧直し等も含めて一気に済ませられるので楽。(ただし車いす優先を忘れないように!)


・ベビーカー置き場
この公式サイトの写真と図がすっごくわかりやすいんですが、基本スタンド内にはベビーカーを持ち込めません。札幌ドームで観戦したことある方は「そりゃ置く場所ないよね」とおわかりになるかと思います。
全部で4か所あって、ちゃんと鍵もついています。べんり。
ただし、置ける数はそんなに多くないという弱点が。キックオフ間近に行って、全部埋まっていることもありましたとも…。
その時は、近くに居たCVSさんから、邪魔にならないところに置いてよいと言われました。ただし、管理は自己責任で。
しっかり鍵付の置き場を確保したい場合には、やっぱり早めにスタジアムに行くべきかと思われます。


・キッズパーク&ベビーコーナー
まずはこちらを参照ください。
キッズパークは有名ですよね。スタンドに居ても、バックスタンド側3階のあのカラフルな施設は見えますし。
で、私は子どもが生まれて初めて知りましたよ、キッズパークの隣にの「2歳以下のお子様向けのベビーコーナー」なるものの存在を! なにそれ超ありがたい!
小さい写真がありますが、青いクッション性のある敷地に、同素材の大きめソフト積み木がけっこうたくさん。手前にはルーピングのおもちゃや絵本等。靴を脱いで上がります。
いつ行ってもなかなか盛況です。何がうれしいって、あんよのできない赤ちゃんでもここでは遊ばせてあげることができるんです! ずっと抱っこorベビーカーだと窮屈だもん、赤子もにっこにこして遊ぶってもんですよ。
ガラス越しにピッチも見えます。親御さんは観戦に夢中になりすぎずお子さんから目を離さぬよう気を付けましょう。


・駐車場
外部駐車場もありますが、赤子連れの場合はできれば連れ歩く時間が短い方がいいですよね。
公式サイトにもあるように、イベント時の料金なので1台2500円。たっかいけど仕方ない。これは各プレイガイドで事前購入しましょう。
ちなみに私は、札幌ドームメンバーズクラブ会員で、2000円で購入しています。
エスコートカード、つまりはクレジットカードで年会費が525円かかりますが、年に2回以上購入したり、ドーム内でグッズを購入したり(カード提示で5%割引になります)することが多い場合には十分ペイできるかと。
ただ、購入できる期間が早めに締め切られる(電話やネットで注文してから宅配便で届くので仕方ないシステム)なので、急に思い立って行く場合などには使えません。
(あと、札幌ドームのカードなので、ドーム開催のコンサート等イベントの先行販売があったりするよ。日本代表の試合のドームカード枠もあった。(でも申し込みが平日でどうしろというんだと突っ込んだ記憶有)
特に今季はドーム開催が多いんので、検討の価値があるかもしれませんね。(ごめんほんとに私は駐車券購入とグッズ購入提示にしか使ってないや)


・結局どこの座席で観戦するのがいいか?
以上の項目のドームでの位置を頭にイメージして、一番使いやすい座席がよろしいかと。
我が家の場合…
授乳室が近い方がいいかなと思って、B自由ホームメイン寄り、通路より上の座席に座った場合
→授乳室には行きやすかったけれど、太鼓や応援の大きな音・声に赤子びっくり、泣く。(なおゴールで湧くともれなく泣いておりました…)
泣くのでじゃあアウェイ側にしてみよう、わりと空いてるしとB自由アウェイ側
→ベビーコーナーは近くなった。けど授乳室遠ッ! あんよはできない重たい赤子の場合はすっごい苦しいです…疲れます。

指定席には連れて行ったことがありませんが、周囲が空いているところを現地で選べる自由席の方が個人的にはよいのではないかと思います。
赤子を抱いてのドーム階段アップダウンも、結構しんどいし。
授乳を重視しないならSBもいいかも。ホーム側ならそう遠くはないけれど、でも混んでるよねSBホーム。

なんにせよ、おひとりでの観戦はおすすめできません。ご夫婦で、もしくは祖父母を巻き込んで、交代で面倒をみるくらいの気持ちでいられると楽です。赤子が2時間びっちりスタンドでおとなしくしてくれるならいいけれど、おそらくそうでない場合の方が多いと思いますので。特にドームは音が響くから、うちの子はそれで不安になってました…もっとも慣れさせて、エリートサポとして育成していけばいいんですけどねっ。



<厚別編>

結論から言いますと、よっぽどでない限り、連れて行かないのが無難。このエントリ意味ねえ!
………。
実際、子連れにはハードルの高いスタジアムだと思うのです。
一応、公式サイトへのリンクを上記に提示したのですが、見ればわかりますが、本当に何も書いていない。つまりさっぱりわからない。わからないということがわかります。残念。
しかし0歳時に一度、後述しますが「キッズエリア」設置と聞いて1歳時に一度の合計2回、厚別には行きました。
その時のことから書いてみます。


・授乳室
無い。2時間ばかり我慢させるか、ミルクで乗り切りましょう。


・おむつ替えシート
基本無い。
ただし、アウェイゾーンにあるトイレには確かあるという情報! って、行けねえじゃん! 規制かかってるじゃん!!
一応、事情を話せば入れてくれるはずです。私は結局一度も利用したことないのですが、バックスタンド側もしくはアウェイ側なら近くまで行って担当の黄色いビブス・CVSさんに話せば利用できるはずです。
メイン側なら? →ちらっと後述します。


・ベビーカー置き場
無い。邪魔にならないところに自己責任で管理。
バックスタンド側なら、スタンド入口の階段裏に置かせてもらえると思います。ただし鍵をくくりつける場所はないです。
メイン側は、そもそもベビーカーを階段で上げなければならないというハードルが…。


・駐車場
ご存じのとおり、ありません。正直ここが一番のハードル。


以上を踏まえて、我が家で出した結論は、

キャポ大谷地様を最大限活用させていただく

でした。
まずこちらに車で向かう。こちらの駐車場は、

駐車場ご利用料金 最初の1時間は無料サービス、それ以降は30分150円
お買上1,000円以上で1時間まで無料サービス(トータル2時間まで無料)
お買上2,000円以上で2時間まで無料サービス(トータル3時間まで無料)

ということですので、2000円以上程度のお買い物をしてまずは施設に貢献。もしくは帰りに貢献。
そして何がいいって、ちゃんとした赤ちゃん休憩室(授乳室)があるということです!
先の、さっぽろ授乳スペースエリアガイドを参照ください。
つまり、

駐車場に停める→授乳室で授乳&必要であればオムツ交換→ベビーカーを押して厚別へ→2時間ばかり授乳とオムツ我慢→試合終了後即キャポに戻って必要であれば授乳&オムツ交換→買い物→帰宅

という流れを考えました。
これならスタジアムでそんなに困らない! と思います。…たぶん。


もっとも、準備してても悪天候なら無理。0歳で連れてった厚別、雷ひどくて前半でギブアップして帰りました…(なお後半に失点しまくった大宮戦だった模様)
離乳食いける赤ちゃんなら、授乳は考えなくても何とかなりますが、スタンドで離乳食食わせるのもなかなかハード。
そして赤子を遊ばせるところなんて…ねえ。
そこまでして厚別行かなきゃならんもん? とふと我に返るってもんです。でした。


が!!
昨年、そんな状況に一筋の光が!

"CONSA+″第3弾、小さいお子様と一緒に観戦できる『キッズエリア』設置について(コンサドーレ札幌公式・2013年9月17日リリース)

■キッズエリア
[実施日] 2013シーズン札幌厚別公園競技場開催試合【9月22日(日)長崎戦】から実施
[実施時間] 先行入場~試合終了まで
※試合終了後は速やかにスタンド内インナーゲートよりご退場をお願いします。
[場所]  夢プランファミリーゾーン下

[ご入場方法]  夢プランファミリーゾーンよりご入場ください。
[チケット] B自由ビジターを除く全券種
[キッズエリア使用料金] 無料
[対象ファミリー] 未就学児童のお子様と保護者

[お手洗い] お手洗いはキッズエリア横又はコンコースにありますお手洗いをご使用ください。
[授乳室] ご希望のお客様はお近くのスタッフまでお申し付けください。

[ご利用について(注意事項)]
キッズエリアご利用のお客様は、以下の点を守ってご利用くださいますようお願い致します。
*お子様をお預りする施設ではありません。保護者同伴でご利用ください。
*試合終了後は速やかにスタンド内インナーゲートよりご退場ください。
*およそ20組の未就学児とそのご両親を受け入れられるスペースを用意しておりますので、クラブとしては充分と判断しておりますが、万一想定を上回る利用者のご来場があった場合には、入場者の制限や調整をさせて戴く場合がございます。
*お子様が走り回ると大変危険です。他の観戦者に怪我をさせてしまいかねないだけでなく、お子様自身の怪我にもつながる可能性があります。充分ご注意をお願いいたします。


概ね引用させてもらいました。
昨年秋に行われた企画で、9月22日長崎戦、10月6日群馬戦の2回実施されているのではないかと思います。(その後の試合はドームに変更になりましたので)
私は最初の長崎戦、キッズエリア第1回目に行ってみました!
その感想をちらっと書いておきます。あくまでも初回なので、2回目の群馬戦ではどうなっていたのかわかりませんし、今年実施されるかどうかもわからないですが、まあ参考程度に。


場所ですが、リンク先にもありますがこの図で確認。(PDFファイル注意)
夢プランファミリーゾーン下、メインスタンドアウェイ側一番端っこが夢プランゾーンで、コンコースは途切れて第2ゲートの辺りは広場になっていますよね。その下です。

群馬戦の案内リリースに写真がありました。これ見たらいろんなことが一目瞭然なのでぜひご覧ください。スクロールした下の方にあります。

夢プランゾーンの入口に行き、「キッズエリアに行きたい」旨を係員(CVS)に告げると入れてくれます。ただしスタンドをもちろん階段で降りるので、ベビーカーは畳むか持ち上げるか必須。(スタンドからさらに下に降りるところはスロープです)
目線はピッチレベルです。コーナーキックを蹴る選手はよく見えるかもしれませんが、基本、試合展開はよくわかりません。つまり観戦するには向いていません。家族で来て、お父さんだけ別の座席→ハーフタイムに来る、なんてご家族も見受けられたように思います。
メインの安全マット、20組のお子様が来たら大変なことになるのでは…という広さ。そして一応「未就学児童」のためのスペースとはなっているのですが、未就学児童…の、お兄さんお姉さんも途中から来てました。まあきょうだいがいたらそうはなるよなあと納得はしましたが、彼らのプロレスごっこはあんよもまだのような赤子にはちょっと危ないかも、という気はしました。
滞在時間は書いてある通り試合終了まで。選手が回ってくるまで粘ることはできないということです。ハーフタイムにはドーレくんさんが来てくれましたけどね!

授乳室は要相談とのことでしたが、どうやら医務室を貸してくれることになっていた模様。とはいっても万が一の際には追い出される可能性がありますよね、試合で負傷者が出たときとか。
あとオムツ替えは想定していなかったっぽく、それも医務室で、みたいな回答を横で聞いていました。そこ重要なんだけどなー。
…ということは、キッズエリアではなくても、メインスタンド側で緊急にオムツ替えが必要になったときは、係員に相談してみると医務室を貸してもらえるかも??しれないですね。(この辺は全く未確認)

そして、一番気になったのは…。
お気づきでしょうか。オール日陰です。
うん、ちょっと考えればわかりますよね。メインスタンドって常に日陰じゃないですか。だから陽の当たる時間など皆無!
さらに、スタンド裏への風の通り道となる場所なので、常時強風にさらされます。十分な防寒を、と告知リリースに書いた方がいいレベル。行ったのは9月下旬で気温は19℃だったようですが、上着なんて脱げるはずもなかった。


感想としてはこんなところでしょうか。うちの子は1歳9ヶ月でしたが、楽しそうにはしていました。サッカー見てるって感じは全く無かったけども。



<おわりに>

情報のみのエントリにしようと思ったのにまた長くなってしまった…。
だらだらと書いてきましたが、これだけ書いてきてはっきり言います。スタジアムで観戦しよう、応援しようと思ってはいけない。試合を見よう、応援しようと思う方は、どなたかにお子様を預けてきてください。
無理です。無理なんです。ちびっこを連れて、試合を見ようと思っちゃだめなんです。できないんです。試合中、いいところで泣いてみたり、授乳ミルク必要だったり、で授乳室目指している最中に得点失点したりするんです。
いや2時間びっちり寝てくれる親孝行な赤ちゃんならいけるかもしれないけど。

でも、それでも。
スタジアムに行きたい。現地に居たい。あの場所の空気を感じたい。ちっちゃな子にも感じさせてみたい。
そんなふうに思う親御さんがいたら、少しでも手助けができたらいいなあと思って書きました。
何かの参考にしていただければ幸いです。



<蛇足>

っていうか、スタジアムに行きたいのは私。私なの。たまには行きたいと思うんだ!
いいじゃん子育てしながら観戦に行ったってーーーー!!! と叫びたいのは私なのです。
なぜそう思うのか、そしてそう思うことをどうにかして正当化できないか云々、その辺については蛇足なので別エントリにて。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。

左サイドMenu

Twitter

 

書いてるひと

鈴藍(すずらん)

Author:鈴藍(すずらん)


趣味に生きてたはずですが、最近そうもいかなくなってます。これが大人になるっていうことか。

日本語にやや難があるかもしれませんがそれは頭脳の問題です。生粋の道民です。
性格にもやや難があるかもしれませんがそれは大目にみてやってください。
やや腐女子かもしれませんがそこは察して!ね!

このブログの特性をご理解いただいた上でリンクしてくださる分には一向に構いません。
よろしくお願いします。

NGワード

「鈴藍さんってもしかして○○さん?」
「前、○○っていうブログ書いてました?」
「お仕事って○○ですよね?」
その他もろもろ。
わかっていても黙っているというのが大人の対応です。

どうでもいいことですがNGワードというと「クイズ年の差なんて」を思い出すのは私だけではないはずだ。

カレンダー

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事+コメント

右サイドメニュー

札幌赤黒連盟+スポンサー様紹介

試合日程

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。